【保存版】ハーブティーの歴史と有名ハーブ10選

こんにちは、らむね( @rmnNOne )です。

カフェで「ケーキセット」を頼んだ際、セットドリンクで「コーヒー・紅茶・ハーブティー」などの中から選ぶことが多いなってちょいちょい思ってました。

いつもよくわからず気分でハーブティーを選んでいたこともあります。そこで、知っているような気になっている「ハーブティー(ってそもそも何?)」について調べてみたので共有します。🫖

ハーブとは

ハーブティーとは、薬用植物(ハーブ)を乾燥させてお茶にしたものです。

ハーブ(英語:Herb)の語源は、ラテン語で「草」を意味するの「Herba(ヘルバ)」だそうです。

ハーブティーの歴史

ハーブティーの歴史を調べてみると、ハーブティーは治療に用いられ、漢方薬として飲まれてきました。この治療法は、民間療法として古くから親しまれてきました。

ハーブにはそれぞれ身体にもたらす効果や効能をもっています。

薬のような即効的なありませんが、症状を抑えるのではなく、人間が本来持っている自然治癒力を自然の力で高めてくれます。

ハーブティーとお茶と紅茶

私たちがよく口にしている「お茶」もハーブティーの一種だそうです。

しかし、紅茶は同じ仲間ではないそうです。

紅茶は、一種類の植物(チャノキの葉)から作られていますが、ハーブティーは様々な種類の植物(ハーブ)を使ったお茶の総称になります。

ハーブティーの効果

ハーブティーを飲むことで得られると言われている効果を調べました。

ハーブティーの効果
  • 自然治癒力を高めてくれる
  • ハーブによって効果が異なる
  • ノンカフェインのものが多い
  • アロマテラピー効果がある

それぞれの効果について、まとめました。

01:自然治癒力を高めてくれる

古くから漢方薬として医療などに寄り添って使われてきたハーブティーは、薬ではありません。

そのため、薬のような即効性はありませんが、ハーブの持っている自然の力で、体を元ある状態に戻していく効果が期待できます。

自然治癒力を高めて、本来の健康な体をキープする手助けをしてくれるということみたいです。🍃

02:ハーブによって効果が異なる

種類が豊富なハーブは、それぞれ持っている効能が違います。香りも違います。

単独で摂取したり、得たい効果に合わせて複数のハーブを合わせて、ハーブティーとして取り入れる事ができます。

03:ノンカフェインのものが多い

カフェインは、眠気覚ましなどに効く興奮作用があります。

ノンカフェインのハーブティーであれば夜寝る前でも安心して飲むことができます。妊娠中の方にも安心だそうです。

ただしハーブティーであれば全てがノンカフェインなわけではありませんので、必ず確認してから摂取するようにお気をつけください!

04:アロマテラピー効果がある

ハーブにはそれぞれ特有の香りがあります。

匂いというのは脳を刺激するので、アロマテラピー効果が期待できるそうです。

好きな香りを嗅ぐと心が穏やかになりますよね。🧸

ハーブティーの種類や効果

たくさんあるハーブですが、中でもよく目にする機会の多いハーブ10選をご紹介します。

有名なハーブ
  1. カモミール
  2. ジャスミン
  3. ジンジャー
  4. ネトル
  5. ハイビスカス
  6. ハトムギ
  7. ペパーミント
  8. ルイボス
  9. レモングラス
  10. ローズヒップ

カモミール

カモミールにもいくつかの種類があります。キク科の植物なのでアレルギーのある方は要注意です。

胃腸の働きを整える作用があります。

香りが爽やかなりんごに似ているので、ストレスや不眠の時にはリラックスできます。

ジャスミン

香りの王様と言われるジャスミンフラワー。

高ぶりやイライラ、緊張鎮め、ストレスが溜まった時の気分の揺らぎを整えてくれます。また、他にも、やる気や自信・強さを生み出すサポートもしてくれるそうです。すごい。

ジンジャー

ジンジャーは、体の巡りをサポートしてくれて、カラダを内側からあたためてくれるハーブです。

その理由は、ジンゲロールやジンゲロンという辛み成分が血行を促進してくれるから。

しかも乾燥させた生姜は、生の生姜よりぽかぽ度がアップするそうです。

ネトル

ビタミン・鉄・カルシウムを含み、体に必要な要素を多く含んでいる万能なハーブです。

普段飲み親しんでいる緑茶のような風味で、親しみやすさも抜群です。

ハイビスカス

ハーブティーにすると、美しいルビー色になります。綺麗です。

クエン酸やミネラルを含んでいるので、運動時の水分補給や夏バテの時にも元気を与えてくれます。

ハトムギ

優れた栄養バランスを持っているハーブです。

老廃物を流してくれる作用があるため、むくみへの効果が期待できます。

イボにも効果があることでも有名で、ビタミンB1・B2、ビタミンEを多く含み、美肌を目指す人に注目のハーブだそうです。

ペパーミント

活力を与える働きと、リラックスの働きを併せ持つ爽快な風味のハーブです。

すっきりとした味わいで、気分まですっきりしてきそうです。

ルイボス

南アフリカ原産の健康茶。

ノンカフェインでアンチエイジング効果が期待できます。

また、アトピーや花粉症の方にもおすすめで、アレルギー改善に役立つハーブです。

レモングラス

レモンに似た爽やかな風味と香りが特長で、リラックス効果が期待できます。

また、殺菌作用があり、発熱や頭痛の時にも効果的なハーブです。

ローズヒップ

別名「ビタミンCの爆弾」と呼ばれ、その名の通り、多くのビタミンを含んでいます。

優しい甘さだけでなく飲みやすい酸味があるのが特徴。

ビタミンは美肌へは欠かせない成分ですね。。

副作用には注意!

パッケージ(説明文)をしっかりチェック

いろんな効果が期待できるハーブですが、効果があるために、医薬品と一緒に飲む副作用が生じるケースなどもあります。

また、食物アレルギーを起こす可能性もありますので、十分な注意が必要です。

輸入品のハーブティーを飲む場合は、しっかりとパッケージの説明を確認してください。

医師や、お店の人に相談してから!

お店で買う場合は、お店の方へ相談しましょう。

医師にかかっている場合は、かかるつけの医者へ相談して飲まれた方が安心です。

効果を得たいといって、過剰に摂取するのはかえって体によくありません。十分に注意してください。⚠️

終わりに

ハーブティーについて調べました。

飲んですぐに効果があるわけではなくて、長期的に使用していくことで、効果を得られるってことみたいですね。

お茶も紅茶も好きなので、ハーブティーに手を出して見ようと思います〜。

thank you for reading ᤱ

らむね( @rmnNOne

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。